男の人

電子カルテで保管がラクチン|操作方法も楽々便利

柔道整復師の違い

会議

個人契約柔道整復師とは

柔道整復師には二つの種類があります。それぞれ社団法人所属整復師、個人契約柔道整復師と呼ばれています。社団法人の柔道整復師会に所属しているのが社団法人所属整復師です。それ以外の柔道整復師会に所属している場合や、いずれの団体にも所属していない場合は個人契約柔道整復師と呼びます。これは保険施術を行う場合、柔道整復師会の所属によって保険請求の方法に違いがあるからです。柔道整復師の医療保険制度には、医療保険療養費支給申請という仕組みがあります。医師とは違い、受領委任払いとなるのです。受領委任払いのない時代は、一旦患者が施術料金の全額を支払い、この後に患者が保険者に施術料金から一部負担金を引いた金額を請求する償還払いでした。この制度では、患者が施術料金を一度支払う必要があり、保険適用分の請求を行わなければならないといった負担が発生します。しかし、その負担を軽減した制度が登場します。それが受領委任払いです。患者はこの制度において、施術料金の内、保険負担の部分のみを支払えば良いのです。更に、その部分の請求は柔道整復師が代行して行います。この行為を委任と呼びますが、これを行うには柔道整復施術療養費支給申請書への記入が必要です。記入は患者が行います。この保険請求を行うためには、受領委任契約を保険者と結ぶことが必要です。社団法人所属整復師の場合は、社団法人の会長が都道府県の知事と受領委任契約を締結しています。対して個人契約柔道整復師は、社団法人柔道整復師会以外の団体では各都道府県の知事と受領契約を結んでいないので、個人個人で各都道府県知事と契約を結びます。このため社団法人所属意外の整復師のことを個人柔道整復師と呼ぶのです。